芝野虎丸(囲碁)が天才な理由や学歴は?収入もスゴイ!【嵐にしやがれ】

2019年11月9日㈯放送の「嵐にしやがれ」に囲碁のプロ棋士である芝野虎丸さんが登場です!

芝野さんは今注目の若手棋士で、とてつもない天才だと注目されていますが、そんな天才になったのにはそれ相応の理由があるはずだ!と思い調べてみました。

すると、父親の驚きの教育方針や意外な学歴が明らかになりました。

そしてプロ棋士の収入がどれくらいなのだろうと調べてみると、こちらもやはり常人では考えられない額のようです!

早速見ていってみましょう!

スポンサーリンク

芝野虎丸さんとは

出典:https://www.nihonkiin.or.jp/player/htm/ki000459.html

名前:芝野虎丸(しばの とらまる)

生年月日:1999年11月9日(19歳)

出身地:神奈川県相模原市

段位:9段

在位中タイトル:名人

芝野さんは「ヒカルの碁」のファンだった親の影響で囲碁を始めたんだそうです。

プロデビューは中学3年生の時で14歳でした。

そして現在19歳ということですが、これまで様々な最年少・最短記録を更新してきました。

  • 七大タイトル史上最年少での名人位を獲得(19歳11か月)
  • 史上最短での七段昇格(2年11カ月)
  • 史上最年少での九段昇格(5年1ヶ月)

等が代表的なものですね。

7段までの駆け上がり方も尋常じゃないスピードですね!

芝野虎丸が天才な理由とは?そして意外な学歴は?

芝野さんは小学6年生の時に父と「囲碁のプロを目指すのか」を話し合ったんだそうです。

そして芝野さんが出した答えは「義務教育を終えたたら囲碁一本」だったそうですね。

実際、高校には進学されてないみたいですね。

中学3年生14歳の時にプロ入りしたあとは完全に囲碁一筋ということでしょうね。

小学生の時点ですでにプロの棋士として戦っていくことを決めていたとは、本当にすごいことですね。

小学生の時は普通は将来何になるかなんて全く見当もついていないものですよね。

そして、芝野さんの父親である登志也さんは、息子の決意を知ってからは学校の宿題を提出しないことも許したんだそうです。

登志也さんは「最終判断は子供たちの自主性に任せてきた」「本人が選んだ道で頑張っていけばいい思う」と過去の取材で語っています。

その上で「コミュニケーション重視」という教育方針も掲げており、好きなことだけさせてわがままに育てるというよりも、しっかり人格的にも成長することも考えて教育してきたということなのでしょう。

芝田虎丸さんが天才的な結果をだしているのは、父の教育方針のおかげで囲碁に集中できたからなのではないでしょうか。

芝野虎丸さんの収入は?

芝野さんの収入がいくらなのか?という情報は公開されていませんでした。

ちなみに賞金ランキングは芝野さんは2018年度において第5位ですね。

1位の井山裕太さんが1億5981万円だそうです!

とんでもない世界ですね・・

これだけ1位がとんでもない額なら5位の芝野さんも相当なはずですね。

1000万は軽く超えているんじゃないかと思います。

芝野さんの中学の成績が意外過ぎる!

囲碁で者菅井結果を出していて「天才」と言われる芝野さんのことだから、学校の成績もほとんど5なんじゃないかと思っていました。

しかし実際は2や1がかなり多いみたいですね。

特に理科はオール1だったみたいです。

理系科目は論理思考が必要で、囲碁が強いということは理系科目が特にできそうな気がするのですが、むしろ苦手なようですね。

正直意外過ぎてびっくりしましたね。

定期試験前もほとんど勉強してなかったみたいですね(笑)

二宮さんは「希望」と言ってましたが(笑)

勉強ができなくても得意なことを伸ばしていくことが大事なのかもしれませんね!

まとめ

今回は「嵐にしやがれ」に出演のプロ囲碁棋士の芝野虎丸さんについてでした。

芝野さんは19歳という若さで名人になり、これからも活躍が間違いなく活躍していくでしょう!

そんな天才が育った背景には父の「自主性を伸ばす」ことを重視した教育方針にあるみたいですね。

そして、これからもっと活躍していくとなると収入は1億円もいずれ突破してしまうのではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする