高松美代子(競輪)の年収や成績は?夫や子供も気になる?【激レアさん】

2019年11月30日放送の「激レアさんを連れてきた。」元競輪選手の高松美代子さんが登場します!

高松さんは史上最年長の50歳でプロの競輪選手になったというとんでもない経歴の持ち主ですが、現役時代の年収ってやっぱり気になりますよね!

そして、実際のところどれくらい活躍することが出来たのかも気になりますね。

そして、結婚はしていて子育てもしていたということで夫やお子さんについても、調査してみました!

スポンサーリンク

元競輪選手の高松美代子さんのプロフィール

出典:https://www.daily.co.jp/horse/2017/03/25/0010034937.shtml

名前:高松美代子(たかまつ みよこ)

生年月日:1962年5月9日(57歳)

出身地:東京都

最終学歴:プール学院短期大学

前職:小学校の講師

小学校の先生からプロの競輪選手になったなんて、前代未聞ですよね!

体を動かす系の仕事だったというわけではないのがまたすごいですね。

高松さんは娘さんが二人いて、毎日自転車で幼稚園に送り迎えに行って脚力が付いたそうですね。

子供を自転車に乗せて走るってそれだけ大変だっていうことですよね。

最初は趣味で夫と一緒に自転車を始めたみたいですね。

自転車では大会で表彰台に登れることもあって、どんどんハマっていったみたいですね!

そして49歳の時に競輪学校に入学して、2012年7月にデビューをしました。

49歳から競輪学校に入学って尋常じゃないですね。

周りは若い人が多いでしょうし、「さすがに自分にはもう無理かな」って思ってしまうのが普通だと思うんですよね。

しかも競輪って滅茶苦茶キツイですからね。

体力に自信のある若者でもかなりつらい練習のはずなのにすごすぎですね。

競輪学校では生徒会長も務めていたそうですし、物凄い努力家なんだろうなって感じますね。

そしてちゃんとプロになってしまうところもすごいですね。

なんというか、自分も何か新しく挑戦してみようかなって思わせてくれますよね!

ちなみに高松さんは猫を飼っているみたいです。


かわいいですね!

高松美代子さんの現役時代の成績や年収は?

女性競輪選手の年収は、推定で約600万円といわれています。これは女性スポーツとしては、かなり高い方です。

賞金は、レースのグレードと勝ち抜きの段階によって異なります。その年に好成績を収めた7人の選手の一発勝負で行われる「ガールズグランプリ」の優勝賞金は500万円です。

出典:https://careergarden.jp/keirin/jyosei/

スポーツ選手ということで個人的にはもっと高いのかなと思っていました。

ですが、女性スポーツ選手の中では高いほうというのも意外ですね。

想像以上にアスリートの世界は厳しいようですね。

そして、高松さんは競輪選手としての成績は323戦3勝だったそうです。
2012年7月にデビューをしてから2017年4月までの4年9カ月の現役生活でした。
その中で、3勝ということで競輪の世界で勝つことの難しさがよく分かりますね。

2016年にはレース中の落車によって、頚椎を骨折してしまったりと、やっぱりどうしても危険も伴いますよね。

あれだけ早いスピードで自転車を走らせていること自体すごいですが、他の人と競ってるなんて、絶対怖いと思うのですが慣れるんでしょうか?

高松美代子さんの夫や子供について

高松さんが競輪を始めたことの最初のきっかけは夫と趣味で自転車を始めたことでしたが、その自転車の楽しさを教えてくれた旦那さんは2017年に亡くなられてしまったそうです。

高松さんは2017年に引退していますが、夫が亡くなったことも理由の一つにあるみたいですね。

精神的につらい状況で競輪を続けることを娘さんが心配して、現役続行に反対したみたいです。

また、けがをして欠場が多くなっていたということも引退した理由の一つですみたいですね。

残念ながらご家族と一緒に写っている画像はネット上にはありませんでした。

ですが、妻(母親)が49歳で競輪選手になることを目指した時は家族は戸惑いもあったでしょうね。

それでも、高松さんが本当にプロの競輪選手になれたのは旦那さんや娘さんの理解がきっとあったからなんじゃないかなと思います。

家族に反対されたまま応援もしてもらえず、辛い練習を乗り越えるのはさすがにきつすぎますよね。

と、思ったら番組内で娘さんが登場しましたね。

そして最初から反対せずに応援していたみたいですね!

これはちょっと意外でしたが、高松さんとしては嬉しかったでしょうね。

まとめ

今回は「激レアさんを連れてきた。」に出演の元競輪選手高松美代子さんについて調べてみました。

50歳でプロの競輪選手としてデビューするなんて本当にすごい経歴ですが、前職はまさかの小学校の講師でしたね。

そして女子の競輪選手の平均年収が600万ということですが、欠場も多かったということでもう少し少ない可能性もあるかなと思います。

プロの競輪選手になると決めたときは夫や娘さんは戸惑いもあったかなと思うのですが、最終的には理解して応援してくれたんでしょうね。

現在の高松さんは競輪女子選手の相談に乗ったり、支援したりするサポートスタッフとして働いているみたいですので、これからも競輪の世界を盛り上げていってくれるのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする