レネ・キャスリー(像つかい)の経歴は?ファイナル進出!【SASUKE】

2019年の大みそかのSASUKEにドイツから来た像つかいのレネ・キャスリーさんが登場しています!

なんとレネ・キャスリーさんは初出場ながらファイナルステージ進出を決めてしまいました!

ものすごい身体能力ですね!

優勝賞金で像のためにプールを用意してあげたいと語っています。

そんなレネ・キャスリーさんはいったいどんな人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

レネ・キャスリーのプロフィール


名前:レネ・キャスリー・ジュニア

生年月日:1996年9月6日(23歳)

出身:ドイツ

なかなかのイケメンですよね!

レネ・キャスリーさんの一家は代々サーカスをしているそうですね。

しかも世界的な評価も高いサーカス団なんだそうです。

レネ・キャスリーさんも子供のころからサーカスを練習してきていて、実際にショーにも出演してきたそうです。

やっぱり、SASUKEで活躍するような人は、小さいころから体操に近いことをやってきている場合が結構多い印象ですね。

年齢は23歳ということで非常に若いですね。

年齢的にも一番体が良く動くと思いますし、ファイナルももしかしたらクリアがあるのでは?とかなり期待してしまいますね。

そんなレネ・キャスリーさんは像と小さいころから一緒に暮らしてきていて、像をつかったパフォーマンスを得意としています。

自分の身体能力の高さだけでなく、像との信頼関係も必要になってくるので、本当にすごいですよね!

ちなみにレネ・キャスリーさんは海外版のSASUKEである「NINJA WARRIOR」で2018年、2019年に優勝している実績もお持ちです。

サードステージでもまだ余裕があるように見えましたし、本当に優勝もあり得ると思います。

ファイナルステージでは残念ながら失敗してしまいましたね。

ですが、さすが海外版のSASUKEで優勝しただけのことはありますね!

いずれ完全制覇してしまうのではないかと期待してしまいますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする