一人暮らしを始めたら台風への備え方を知っておこう

こんにちは。

あこがれだった一人暮らしを始めたjunです。

 

今回はついつい忘れがちだったり、後回しになってしまう災害対策についてです。

中でも台風への備え方についてご紹介していきます。

 

一人暮らしを始めたら、なるべく早く防災グッズなどは揃えておいたほうがいいです。

僕も引っ越した当初は完全に忘れていましたが・・・やっぱり大事です!

 

いつでも家に備えておきたいもの

懐中電灯

カセットコンロ

乾パンなどの保存食

電池

 

まずは大きい台風が来た場合停電する可能性が高くなりますので、懐中電灯のような灯りは必ず用意しておきましょう。

替えの電池も用意しておくと安心です。

 

あとは、ガスが万が一使えなくなった時のためにもカセットコンロもあると良いでしょう。

カセットコンロがあればお湯を沸かしてカップラーメンを食べたりできます。

 

地震などの災害時にも役に立ちますので 、ペットボトルの水や乾パンなどの消費期限が長い非常食は、常に用意しておいたほうがいいですね。

 

台風が来ることがわかったらすべきこと

大きな台風が来ることがわかったらすべきことがいくつかあります。

 

食料の確保

まずは食料を確保しておくことが必要になります。

もちろん簡単に食べられるものが良いのですが、冷凍食品は適していません。

もしも停電になって電子レンジが使えなかったら食べれないですからね。

 

ですので、そのまますぐに食べられるものを買うのがベストです。

例えば菓子パンなんかはすぐに食べられて、そこそこお腹も膨れるので多めに買っておくといいでしょう。

 

カップラーメンも簡単に食べられるので買っておくといいですよ。

断水時やガスが使えない場合は、ペットボトルの水やカセットコンロを用意しておかなければ食べることができないのでこの2つは必ず用意しておきましょう。

 

あと台風が来る当日のなるべく早いうちに炊飯器で、ご飯を炊いておきましょう。

炊く量は、その炊飯器で炊ける最大量炊いておいていいでしょう。

万一、炊いた後で停電になっても1日くらいなら食べることができますので、 貴重な食料になるはずです。

 

もしも炊いてから時間が経ち、変な臭いを発しているようなら食べないほうがいいと思いますが、なるべく炊いたご飯から食べるようにして、ご飯が腐るのを避けつつ他の非常食を温存できればベストです。

 

窓ガラスの飛散防止

あまりに風が強いと、飛んできたものが窓に当たって、窓が割れる危険性があります。

もしも窓が割れると、ガラスが飛び散り大変危険ですが、ガラスの飛散を抑える方法があります。

 

それは、窓ガラスに養生テープを貼っておくというものです。

どのように貼ればいいかというと、下の図のような感じです。

  ----------- ------------- 

  |  \        |        /  |

  |     \     |     /     |

  |        \  |  /        |

  |-----------*-----------|

  |        /  |  \        |

  |     /     |     \     |

  |  /        |        \  |

  ------------------------- 

  

こんな風に+と×を合わせたような感じに貼ると、もし窓が割れてもガラスが飛び散るのを防いでくれます。

さらに窓の枠に沿って貼っておくとより効果的です。

 

お風呂の水を溜めておく

これはもし断水してしまった場合に生活用水として使用できるので、台風の来る前日はお風呂の水は流さずにとっておいたほうがいいですよ。

 

この水があれば断水時にトイレの水を流すこともできます。

 

その他

他にしておくべきことは、ケータイの充電は事前にしっかりしておくのと、モバイルバッテリーを持っている場合は、そちらもフルに充電しておくといいでしょう。

 

また、玄関の外に出しているものがある場合は家の中にしまっておきましょう。

風で飛ばされてなくなってしまうかもしれませんし、飛んで行ったものが他の家の窓を割ったり、人にぶつかったりすることがあるかもしれないからです。

 

自転車は近くに柱のようなものがある場合は、しっかりとチェーンで固定しておいたほうがいいでしょう。

 

実はこの記事を書いている今現在、台風真っただ中なんですが、この台風は最大瞬間風速60m/sらしいです。

これがどのくらいの風の強さかというと、外に置いてある洗濯機が飛ばされたり、昔は牛が飛ばされたこともあるそうです。

 

自転車くらいなら飛ばされる可能性は充分にあると思いますから、しっかり固定しておくのが良さそうです。

もちろん僕も昨日チェーンで固定しておきました。

 

あとは懐中電灯をすぐわかるところにしっかり準備しておきましょう。電池が切れてないかも確認してくださいね。

 

念のため避難場所の確認もしておいたほうがいいでしょう。

 

準備するときの注意点

台風が来るとわかったら、食料や懐中電灯、養生テープなどを買いに行くことになるかと思いますが、これらはなるべく早く買うようにしましょう。

 

台風が来る直前になればなるほど、品切れになる可能性が高くなってしまいます。

 

僕は近所のスーパーに台風が来る2日前に買い物に行きましたが、菓子パンなどはほとんど売り切れていました。

 

また、1日前にホームセンターに養生テープを買いに行きましたが売り切れていました。

仕方なく職場に取りに行きましたが、職場が近くなければ諦めるしかなかったです。

 

そのほかの防災グッズも直前では売っていない可能性がありますので注意しましょう。 

まとめ

今回紹介した対策は最低限しておくと良いですよ。

 

具体的には

・食料を用意しておく

・懐中電灯とカセットコンロを用意しておく

・窓ガラスに養生テープを貼っておく

・お風呂に水を溜めておく

・ケータイの充電はしっかりしておく

・玄関の外のものを家の中にしまっておく、または飛ばされないように縛り付けておく

・非難場所の確認

・準備は早めにする

 

これらの対策をして、しっかりと備えるようにしましょう。

ぜひ離れて暮らす家族にも、どんな準備をすれば良いか教えてあげてください。

 

台風が来る当日はテレビをつけっぱなしにしておいて、台風情報はこまめにチェックするようにしておきましょう。

自分が住んでいる地域の避難情報など重要なアナウンスがあるかもしれません。

 

当ブログが少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする