大伴昭(芳村真理の夫)の会社や年収は?年齢はいくつ?【爆報フライデー】

2019年11月22日放送の「爆報!THEフライデー」に芳村真理さんが出演し、夫の大伴昭さんの介護生活について告白します。

大伴さんは認知症を患っていたそうで、吉村さんの介護は約10年間にも及んだそうです。

大伴さんと言えば実業家として知られている方のようなのですが、実は私はどんな会社を経営していたのか知りませんでした。

そこで、大伴さんが経営していた会社はどこなのか、そして気になる年収はいったいどれくらいだったのか気になったので調べてみました。

そして、大伴さんが認知症は何歳から患っていたのか、などなど今回の記事では書いていこうと思います。

芳村真理が大伴昭と結婚した理由や馴れ初めは?【爆報フライデー】

スポンサーリンク

大伴昭さん(芳村真理さんの夫)の会社や経歴

名前:大伴昭(おおとも あきら)

職業:実業家

学歴:慶応義塾大学

大伴さんは芸能人というわけではないので、あまりプロフィールは公表されていないみたいですね。

実業家としてはなかなか有名だったのではないかと思います。

慶応卒ということでやはり頭はかなりいいいみたいですね。

大伴さんが芳村さんと結婚したのは1968年のことだったのですが、その当時大伴さんはキャノン、コカ・コーラのマーケティングを担当していました。

さらにその後は日本ポラロイドの取締役やカルティエ・ジャパンの社長を任されていた経歴があります。

有名企業のトップとして、何社も任される経験なんてよほど経営の腕が良くないとあり得ないことですよね。

いったいどんな風に勉強をして仕事をしてきたら大伴さんのような、実業家になれるのでしょうね。

人生を何回やり直しても大伴さんのようにはなれる気がしませんね・・

住んでいる世界が違うというか、大伴さんには世の中はどのように見えていたのでしょうか?

私とはきっと違った見え方をしていたのでしょうね。

ビジネスのチャンスが沢山転がっているように見えるのかもしれませんね。

大伴昭さんの年収はどれくらいだった?

これだけ物凄い経歴をお持ちですので年収も相当なものだと思いますよね。

外資系企業では平均年収が800万円と言われていますが、実際にはマネージャークラスで年収2,000万円、さらに上の役職に到達すれば、5,000万円程度を受け取っている方もいるのが現実です。

出典:知って納得!外資系企業の年収が日系企業より高い3つの理由を解説

大伴さんが活躍していたのは外資系企業ですので、日系企業よりもそもそも給料が良いということがありますね。

さらには大伴さんの場合はマネージャークラス以上の役職でやってこられていますので、やはり数千万円規模の年収は間違いなくもらっていたでしょうね。

大伴さんの実績としては、日本ポラロイド社の売上を10倍に伸ばしたことがあるそうですし、やはり凄腕の経営者ですね。

10倍ってヤバすぎませんか!?

会社のトップの人間が変わるとこんなことも起きるものなんですね!

ここまでの実績・実力ががある大手外資系企業の経営者となると年収は億を超えていてもおかしくはないかもしれませんね。

それだけすごい人ということなのでしょうが、羨ましい限りです。

もしこんなに収入があったら何にお金を使えばいいのか全然わかりませんが(笑)

大伴昭さんの年齢はいくつだった?

大伴さんの生年月日ですが、1929年生まれのようですね。

そして2018年に89歳という年齢で亡くなられています。

芳村さんの介護生活が10年間ということですので、79歳くらいから認知症を患っていたということになりますね。


私も親戚が認知症を患って、夜中に介護している親戚から相談の電話がかかってくることも何度もあったので、本当に大変だったろうと思います。

まとめ

今回は芳村真理さんの夫であり実業家の大伴昭さんについて調べてみました。

大伴さんは有名機企業のトップを何社も任されるほどの経営手腕で、年収も相当なものであることが予想できますね。

数千万~1億円くらいはあったのではないかと思っているのですが実際はどうなんでしょうか。

そして2018年に89歳の年齢で亡くなられていることと、その約10年前から認知症で介護を受けていたことも明らかになりましたね。

現在は妻の芳村さんも会社を経営されているということで、自身の経営術を託したのかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

芳村真理が大伴昭と結婚した理由や馴れ初めは?【爆報フライデー】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする