深海魚ハンター西野勇馬の大学や年齢は?釣った魚の画像や記録も気になる?【所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ】

11月1日放送の「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」に深海魚ハンターの西野勇馬さんが登場します。

西野さんは現在大学生ということですが、いったいどこの大学に通っているのでしょうか?

また、今まで釣った魚や更新した記録はどんなものがあるのでしょうか?

などなど気になることを調べてみました。

深海魚ハンター界の新星として注目の西野勇馬さんについて見ていってみましょう!

スポンサーリンク

西野勇馬さんはどこの大学で年齢はいくつ?プロフィール紹介

出典:https://twitter.com/nanukazame1/status/969072477522468864

名前:西野勇馬(にしの ゆうま)

生年月日:1997年12月19日(21歳)

大学:北里大学海洋生命科学部

部活:ビーチコーミング部

西野さんは3歳の頃に記録保持者の父の影響で釣りを始めたそうです。

それからずっと釣りを続けているそうなので、釣り歴は約18年のベテランということですね。

大学では魚について学ぶだけでなく、プランクトンなど海全般について学んでいるんだとか。

部活のビーチコーミング部でも潮干狩りや釣りをしているそうで、海や釣りが完全に生活の一部になっているみたいですね。

将来は「釣りを職にできることが一番の目標」と語る西野さん。

そして、サメやエイが好きなのでその魅力の発信もしていきたいと考えているようです。

西野勇馬さんが持っている記録や、釣った魚の画像を紹介!

3歳から釣りを始めた西野さんは今まで数々の釣りの世界記録を更新してきました。

現在保持している記録はなんと18種類!

ちなみに記録の基準は「長さ」ではなく「重さ」なんだそうです。

一番インパクトが大きいのは、日本記録にも認定されている2018年に釣りあげたホシエイでしょうか。

出典:https://twitter.com/nanukazame1/status/1079582782198767616/photo/2

デカ過ぎる!

目を疑うレベルの画像ですよね。

重さ126㎏だそうで、4人がかりで陸揚げしたそうです。

記録のために計量するのも大変で、地元の漁師さんや旅館の人にも手伝ってもらいながらなんとか計量に成功したそうです。

ちなみに、釣りあげたのが夜の10時半で計量が完了したのは朝の10時だったとのことです。

西野さんは「人生で一番の思い出」と語っています。

その他に日本記録に登録されているものを紹介します。

出典:https://twitter.com/nokogirishark17

重さ5.1kgのノコギリザメを伊豆大島で釣ったそうです。

出典:http://www.jgfa.or.jp/record/detail.php?LM_PIC_TNO=3219&JR=&ref=alltackle

全長128㎝ 重さ4.55㎏

このウツボも伊豆大島で釣って日本記録です。

出典:https://twitter.com/nanukazame1/status/933334228485341185

こちらは全長128.cm 重さ6㎏のダイアンアナゴ。

出典:http://www.jgfa.or.jp/record/detail.php?LM_PIC_TNO=2473&JR=&ref=fresh

全長68.8㎝ 重さ2.55㎏のニゴイです。

こちらは神奈川県の酒匂川で釣ったそうです。

西野さんは目標をもって釣りに行くのが好きで、常に試行錯誤しながら記録を狙っているんだとか。

アスリートのようなストイックさで釣りに取り組んでいるという一面もあるんですね。

まとめ

今回は「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」に出演の深海魚ハンター西野勇馬さんについて調べてみました。

18個もの記録を保持しているというのは想像以上でしたね!

そして釣りへの情熱も日本一かもしれませんね!

現在は21歳の大学生ということで、まだまだ若いですのでこれからもどんどん記録を更新していくんじゃないでしょうか?

西野勇馬さんの今後の活躍・記録更新に期待です!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする