みなみらんぼうの年齢や本名や経歴は?【あいつ今何してる?】 

2019年11月26日(水)放送の「あいつ今何してる?」に中村雅俊さんが登場しています!

そして中村さんの幻のデビュー曲を作曲したということで、みなみらんぼうさんという方が登場しました。

実は私は初めて聞いた名前だったので、みなみらんぼうさんとはいったいどんな人物なのかと気になったので調べてみることにしました。

番組の説明には天才音楽家と紹介されているので

かなりすごい人というのは間違いないでしょうが、詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

みなみらんぼうさんの年齢や本名などのプロフィール

本名:南 寛康(みなみ ひりやす)

生年月日:1944年(74歳)

出身地:宮城県

学歴:法政大学社会学部卒

職業:シンガーソングライター

みなみさんの本名は南寛康さんというみたいですね。

らんぼうという芸名はフランスの詩人のアルチュール・ランボーが由来なんだそうです。

法政大学の出身ということで、学歴もなかなか高いみたいですね。

ですが、音楽の専門学校のようなところ出身ではないというのは少し意外ですね。

社会学部ということで、音楽とは全く関係ありませんし、作曲については才能がすごかったということなのかもしれませんね。

ちなみに、ボクシングの元WBA世界スーパーフライ級チャンピオンの河野公平選手は娘婿なんだそうです。

なかなかすごいつながりですね。

みなみらんぼうさんの経歴

みなみさんは大学卒業後はコピーライターや台本作家をまずはやっていたみたいですね。

もともと文章を書くことが得意ということなんでしょうね。

コピーライターという職業も文章でものを売らなければいけないですし、かなり難しいでしょうからね。

作詞作曲のデビューは1971年の「酔いどれ女の流れ歌」で、1973年には「ウイスキーの小瓶」で歌手デビューもしています。

現在は山をよく登ったりしているみたいですね。

自然に関する知識も相当なもののようですし、とても勉強熱心な方という印象を持ちますね。

自然に関するエッセイなんかも書いているみたいですね。

みあんみらんぼうさんが作曲した曲は?

みなみさんが発表した曲の中で一番ヒットしたのは1976年にNHK「みんなのうた」で発表した「山口さんちのツトム君」のようですね。

この曲はなんと150万枚のミリオンセラーを記録したそうです。

150万枚って滅茶苦茶すごいですよね!

これは天才音楽家と言われるわけですね!

このほかには

  • 賑やかな酒場(1975年)
  • 別れのバス(1976年)
  • 途上にて(1977年)
  • 男と女:昭和編(1997年)
  • 金魚鉢の中にアメリカが見えた(1978年)

等があります。

このほかにも

番組に楽曲提供も多数しているみたいですね。

まとめ

今回は「あいつ今何してる」に登場したみなみらんぼうさんについて調べてみました。

本名:南 寛康(みなみ ひろやす)

年齢:74歳

学歴:法政大学社会学部卒

経歴:コピーライターや台本作家を経て作曲家デビュー

今後は作曲よりも山のことや自然のことを発信していく活動がメインになりそうですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする