松村不二夫(ミドリ安全社長)の経歴は?年収がヤバい?【カンブリア宮殿】

2020年1月23日放送の「カンブリア宮殿」にミドリ安全の社長である松村不二夫さんが登場します!

ミドリ安全というと、安全靴やワーキングウェアなどを製造販売している会社で、その品質の高さから様々な現場でミドリ安全の商品が活躍しています。

そんなミドリ安全という会社の社長である松村さんが今回番組に登場ということで、いったいどんな方なのか経歴を調べてみました。

また、これだけ実績ある会社の社長ということで、年収も気になるところですよね。

そのあたりも見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

松村不二夫さんの経歴は?

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/business/entry/2020/021086.html

名前::松村不二夫(まつむら ふじお)

生年月日:1947年2月27日(73歳)

松村さんがミドリ安全の社長になったのは、1991年(平成3年)のことでした。

今から29年前ですので、44歳か45歳の時ということになりそうますね。

松村不二夫さんが社長になられる前は、現会長の松村元子さんが社長をされていました。

松村元子さんは松村不二夫さんのお母様です。

ですので、親子で会社を受け継いだということなんですね。

それにしても大企業の社長に44歳という年齢で就任するのはかなり若ですよね。

プレッシャーも結構あったんじゃないかと思います。

ミドリ安全という会社は、現会長の松村元子さんが創業したそうですし、ここまで成長した会社を託されるというのは嬉しい反面、責任も重大ですよね。

その他、学歴などのプロフィールは公表されていないみたいです。

松村不二夫さんは結婚して子供がいる?

松村さんの結婚についても残念ながら情報がありませんでした。

大企業の社長ではありますが、一般人ですのでプライベートはあまり公開されていないみたいですね。

子どもがいるかどうかも不明でしたが年齢的には、結婚して子供もいて、会社を引き継ぐ準備も整っているかもしれませんね。

松村不二夫さんの年収は?

年収についてはやはり気になるところですが、こちらも情報はないので推測するしかないですね。

日本の社長の平均年収について見てみると、会社の規模によって変わってきます。

社長の年収とは、企業のトップである社長が会社から年間でいくらの役員報酬を受け取っているのかで決まります。日本の社長の平均年収は、4,381万円という調査結果が出ています。ただし、資本金や事業の規模によって、社長の年収には開きがあります。

規模 年間報酬
平均 4,381万円
1,000人以上 5,643万円
300~999人 4,043万円
300人未満 3,109万円

出典:https://biz-shinri.com/president-annual-income-12766

平均4000万以上っていうのもとてつもないですね。

サラリーマンの10倍くらいはもらっているということですか・・

そしてミドリ安全は規模としてはかなり大きいんですよね。

従業員数:1,662名(販売会社を含む正社員)

支社:27

視点・営業所:47

販売会社:68社(135か所)

出典:https://www.midori-anzen.co.jp/ja/corporate/company-data.html

規模だけで考えれば6000万円くらいはありそうですよね。

純利益も約65億円あって、総資産は1000億円以上あるということなので本当にこれくらいはありそうな気がします。

ミドリ安全は現在、安全に関するコンサルタント業務も行っているそうなので、そういったところからも売り上げをさらに伸ばしていきそうですね。

まとめ

今回は「カンブリア宮殿」に出演のミドリ安全社長・松村不二夫さんについて調べてみました。

松村さんはミドリ安全の二代目社長ということで、お母様の松村元子さんから会社を受け継いだということでした。

その際の年齢は44か45ということで、かなり若い時から大企業の社長だったということですね。

結婚や子供についての情報は不明でした。

年収については会社の規模から考えると6000万円くらいはありそうでしたね。

これだけ現場の信頼を得ているミドリ安全は、今後もさらに売り上げを伸ばしていくのではないかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする