間瀬翔太の病気(脳動静脈奇形)の原因や症状は?今後の活動は?【爆報フライデー】

2019年12月13日放送の「爆報!THEフライデー」に俳優の間瀬翔太さんが登場します。

間瀬さんは難病に侵されて、非常につらい状況にいたということですが、間瀬さんが発症した病気はいったいどんな病気だったのでしょうか?

なったのには何か原因があるのでしょうか?

症状はいったいどんなものなのかも調べてみました。

そして、間瀬さんの今後の活動予定などについても書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

間瀬翔太さんのプロフィール

名前:間瀬翔太(ませ しょうた)

生年月日:1986年4月27日(33歳)

出身:北海道

身長:168㎝

間瀬さんは17歳の時に代々木公園でスカウトされてアイドルになったのが芸能界に入るきっかけだったみたいですね。

出身が北海道ですから旅行で来ていたのでしょうか?

ちょっとした奇跡ですね。

アイドル時代は「BRIZZARD(ブリザド)」というグループのメインボーカルとして活躍していました。

歌はめちゃくちゃうまいみたいですね。

4オクターブの歌声が出せるそうです!

歌が恐ろしく下手な私からしたら意味が分からないのですが、どうやったらそんなに歌が上手くなるのでしょうか?

音楽の授業でちゃんと歌っていればよかったのでしょうか?

羨ましい限りですね。

そして年齢は33歳とまだまだ若いですよね。

病気になったのは今年ですから、この若さで難病になったと知ったときはほんとにショックだったのだと思います。

ですが、今では病気に打ち勝って活動を再開してきているということで、いい方向に向かっているみたいで本当に良かったですよね。

間瀬翔太さんが発症した病気の原因と症状は?

間瀬さんが発症した病気の名前ですが、脳動静脈奇形(のうどうせいみゃくきけい)というそうです。

聴いたことのない病気ですね。

10万人に1人の割合でしか発症しない病気ですから、ほとんどの人が知らないのは当然なのでしょうね。

病気の原因や症状については以下のような記述がありました。

脳動静脈奇形(AVM)は脳の中にできた「血管のかたまり」のようなものです。脳内の動脈と静脈が「血管のかたまり」(ナイダスといいます)で直接つながっており、大量の血液が流れています。胎児期(出生前)から小児期にかけて発生することがほとんどで、成人以降に新たに発生することはほとんどありません。

AVMができただけではほとんど症状がありません。 しかし、「血管のかたまり」であるナイダスが破れると脳出血やくも膜下出血を起こします(出血発症型)。また、手足がひきつる発作の原因となっていることもあります(けいれん発症型)。頭の片方が定期的に痛むという偏頭痛の原因になっていることもあります。

出典:http://neurosur.kuhp.kyoto-u.ac.jp/patient/disease/dis04/

ナイダスという血管の塊が子供の時からあって、ずっと血液がそこに流れ続けていて、それがある日破れてしまうということみたいですね。

間瀬さんの場合は最初は風邪のような頭痛で風邪薬を飲んでいたそうですが、1ヶ月経っても頭痛が治らなかったそうです。

そして7月に新曲のレコーディングをしているときに後頭部に激痛が走り、さらに記憶障害まで起きたため病院に行き、その時に脳動静脈奇形と診断されたんだそうです。

このレコーディングの時にまさに血管が破れてしまったということなのかもしれませんね。

まさか子供の時からそんな血管の塊が自分の脳にあるなんて思いませんよね。

今この文章を書いている私もそんな血管があるなんて思いませんし、というより思えないですね。

でも実際は分からないですし、非常に怖いですね。

原因不明の頭痛がしばらく続いたらなるべく早く病院に行ったほうが良いでしょうね。

間瀬翔太さんの今後の活動予定は?

間瀬さんはこの病気を治すために手術を受けましたが、顔や目が腫れ上がってしまい、絶望から毎日死ぬことばかり考えていたそうです。

実際この病気になってから仕事はすべてキャンセルすることになっていますし、今後ももう俳優としてやっていけないかもと思ったら、そう考えてしまうのも無理はないのかもしれません。

ですが、間瀬さんはその後徐々に回復していき、仕事も少しずつ再開していけているみたいです。

そして今後の活動の一つに日本赤十字社への寄付活動をしていくみたいですね。

今は病気に打ち勝って、活動を再開しているところですが、この病気は難病と言われているのに、国から難病指定がされていません。
僕が治ったから良い、で終わらせたくないので、僕はこのセレブレイトメッセージ活動を通して、日本赤十字社への寄付活動を始めたいとおもっています。

出典:https://newscast.jp/news/509592

間瀬さんがこういった活動をすることで、この病気が多くの人に関心をもってもらえるという

ことはありそうですし、実際にこの病気にかかっている人にとって何かプラスになることがあ

るんじゃないかなと思います。

ブログには署名活動もしていると記載がありました。

難病指定に関しても全力で取り組んでいるみたいですね。

本当に行動力があってすごい方ですね。

必ず日本中に脳動静脈奇形の知識を広げる
脳動静脈奇形を難病指定して貰う
そして何があろうと生き残る!!
間瀬さんのブログから引用しましたが、すごく信念の強さを感じますね。

そして最近では映画の撮影にも復帰したみたいですね。

まだ後遺症もあるみたいで、本調子とはいかないところもあるみたいですが、俳優としての仕事に復帰できたことが何より良かったですね!

こちらはつい最近のインスタの画像ですが、もう腫れは完全に治っているみたいですね。

むしろイケメンすぎる!

これからもっと回復して活躍するところを見たいですね!

まとめ

今回は「爆報!THEフライデー」に出演の俳優間瀬翔太さんと難病の脳動静脈奇形について調べてみました。

30代前半という若さで難病と言われる脳動静脈奇形にかかってしまいましたが、それを乗り越えまた俳優として復帰しつつあるということで、とにかく快方に向かっているというのが何よりですね。

そして、脳動静脈奇形という病気をたくさんの人に知ってもらい、難病指定をしてもらうことを目標に今は活動されているみたいですね。

その想いは間瀬さんのブログを読んでみると本物だなと思いましたし、すごく応援したいなという気持ちになりました。

そして、今後の俳優としての活躍にも期待したいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

間瀬翔太と宇梶剛士が暴走族だったときの画像は?【爆報フライデー】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする