黒沢かずこの多重人格はやらせ?どんな人格で、理由は?【1番だけが知っている】

2019年1月25日(月)に放送の「1番だけが知っている」森三中の黒沢かずこさんが出ているのですが、衝撃のカミングアウトをするみたいですね。

それはなんと、多重人格だったというカミングアウトのようなのですが、本当なのでしょうか?

やらせなのでは?とどうしても疑ってしまうのですが、実際はどうなんでしょうか?

そして本当ならなぜ多重人格になったのでしょうか?

調べてみることにしました。

スポンサーリンク

黒沢かずこにはどんな人格があった?

今回の番組の予告では、5歳と10歳の人格がいたことをカミングアウトしていますね。

あとは33歳の人格が一番年上の人格だったようですね。

本人は「20代の時にいた」と言っていますから今はいないということでしょうね。

どちらにしても衝撃的ですね。

まさかそんなこと全く話題に上がっていなかったと思うのですが、周りの人たちは知っていたんでしょうか?

そのあたりも気になったので、調べてみると2010年に、いとうあさこさんが3人の人格がいることを話していたみたいですね。

それぞれくーちゃん(11歳)くろちゃん(17歳)くろさん(33歳)という人格だったようですね。

本人が33歳が一番年上と言っているのと一致していますね。

少なくともいとうあさこさんは知っていたみたいですね。

他のイッテQメンバーも知っていた可能性が高いのではないでしょうか?

黒沢かずこが多重人格になった理由は?

多重人格になる人は大きなストレスを受けていたことがあって、そのストレスから逃れるために、別の人格を作り出すということのようですね。

黒沢さんは、幼少期に遊び相手がいなかったことや、両親がパチンコ通いで、あまりかまってもらえなかったということが関係しているみたいです。

なぜ5歳や10歳の人格ができたのかは、ご自身は「小さいころに甘えてこなかったからだ」と分析していますね。

そして、自分の中でもある程度意図的に、別の人格を作り上げているという自覚もあったみたいですね。

黒沢かずこの多重人格はやらせ?

私の個人の意見としてはやらせの可能性は低いんじゃないかと思っています。

実は黒沢さん本人も2011年に、自分が多重人格なのではないかということを、相談しているという経緯があるようなんですよね。

それだけ昔に多重人格をネタにして今更またネタとして蒸し返すのかな?と感じるんですよね。

まあ実際は、あまり嘘をついているような感じがしないと直感的に感じたというのが一番大きいのですが・・・

予想以上につらい過去があったみたいですし、決してあり得ない話ではないですね。

まとめ

黒沢かずこさんが昔多重人格だったというカミングアウトにはびっくりしましたね。

子供の時の寂しさから、もっと甘えたいという思いがあって5歳や10歳の人格ができたみたいですね。

黒沢さんが多重人格になった理由として一番大きいのは寂しさということでしょうね。

絶対にやらせではないという断言はできないですが、いとうあさこさんの話や、昔にご自身が相談していたということを考えると、やらせの可能性は低いのではないかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする