金原昇の本名は?元空手家でテコンドー経験は無し!?【TVタックル】

2019年12月21日放送の「ビートたけしのTVタックル」にテコンドー協会会長の金原昇さんが登場します!

テコンドー協会と選手の間でいろいろと対立しているみたいで、今回番組に緊急出演して真実を話してくれるということみたいですね。

金原さんはテコンドー協会の会長ということですが、実はテコンドーの経験が無いらしいという情報がありますが本当なのでしょうか?

そして金原さんがどんな方なのか調べてみると、何やら韓国国籍という噂があったので、真相を確かめるべく本名についても調べてみることにしました。

スポンサーリンク

金原昇さんのプロフィール

出典:https://www.zakzak.co.jp/spo/news/191025/spn1910250008-p1.html

名前:金原昇(かねはら のぼる)

年齢:65歳

職業:日本テコンドー協会会長、賃貸業

見た目はちょっといかつい感じですね。

サザエさんに出てくるアナゴさんに似ているという人も結構いるみたいですね。

確かに似てますよね。

この子供の正直な反応が面白いですね(笑)

金原さんは1990年代に長野県テコンドー協会に所属していたそうです。

その後、2005年に「日本テコンドー協会常務理事」、2008年に、「日本テコンドー協会会長」になられています。

会長になってからはもう10年以上になるので、結構長いですよね。

昔は反社会勢力に属していたという噂がありますが、ご自身は否定されていますね。

むしろ暴力団追放運動に参加していたそうです。

そして、その報復として暴力団に銃撃されてしまったそうです。

とは言え銃撃までされるというのは相当な因縁があるような気がするので、実際の関係性がどうだったのかは気になりますね。

金原昇さんの本名は?

残念ながら本名についての確かな情報はありませんでした。

金原さんは国籍が韓国と思われているので本名が気になる人も多いみたいですが、調べてみると、長野県出身ということでした。

韓国国籍と思われている理由としては、名前に金がつくことと、テコンドーが韓国で発祥した競技だからという理由が大きいみたいですね。

長野県のテコンドー協会に所属してたという事実から考えてみても、長野出身というのは事実である可能性は高そうですね。

とは言え、親が韓国出身で韓国人としての本名があるのかもしれませんが、そのあたりは現時点では不明ですね。

金原昇さんは元空手家でテコンドー経験無しは本当?

これについては事実のようですね。

中学時代は野球をやっていて、高校時代は柔道をやっていたそうです。

そして、社会人になってからは、空手の団体に所属していたみたいですね。

ですが、テコンドーの経験はゼロのようです。

テコンドー経験ゼロの人がテコンドー協会の会長になるというのもよくわかりませんね。

そもそもなれるのが不思議ですし、なった後も仕事をする上で困るような気がするのですが・・

まとめ

今回は「ビートたけしのTVタックル」に出演の金原昇さんについて調べてみました。

金原さんは日本テコンドー協会の会長でありながら、テコンドー経験が無いという変わった経歴の持ち主でしたね。

そして、韓国国籍のうわさから韓国人としての本名があるのでは?と思われているみたいですが、本名については不明ですね。

出身が長野なのは間違いなさそうですが・・

今後テコンドー協会がどうなっていくのかは少し心配ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする