伊原六花の母校(登美丘高校)ダンス部の今年の成績は?【帰れマンデー】

10月28日の「帰れマンデー見っけ隊!!」に伊原六花さんがゲストとして登場です!

伊原六花さんと言えば大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテンで、高校時代にバブリーダンスで注目されて芸能界入りしました。

そん伊原六花さんの母校である登美丘高校ダンス部は全国屈指の強豪ですが、今年の大会はどうだったのだろうと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

HIGHSCHOOL DANCE COMPETITIONで見事優勝!

この大会は全国予選を勝ち抜いたたった3高だけが、両国国技館で決勝を戦えるという大会で、4月21日に決勝が行われました。

決勝の出場校は

関西予選代表「大阪府立登美丘高等学校」

中部予選代表「桜丘高等学校」

関東予選代表「日本大学明誠高等学校」

この大会で登美丘高校は「色男ダンス」を披露して見事優勝し、大会初の2連覇を達成しました。

コチラが今回披露した「色男ダンス」です。


相変わらずキレッキレですね!

これだけの動きの激しさとスピードの中で完璧に動きを合わせているのは本当に見事です。

ついつい見入ってしまいますね!

世界的ダンスコンテスト「ワールドオブダンス」準優勝!

この大会は7月29日にアメリカ・ロサンゼルスで開催され、登美丘高校ダンス部は見事準優勝を果たしました。

さらにベストコスチューム賞も受賞のW受賞となりました。

登美丘高校のダンスが終わると観客がスタンディングオベーションで拍手をしてくれたそうです!

世界中の人に大ウケしたというのは、同じ日本人として嬉しくなりますね!

今回のダンスはとにかく見ていて楽しいですね!

コスチュームも賞を受賞しただけあって、物凄く力が入ってますね。

ちなみに今大会の優勝は日本のN’Ismというチームです。

日本勢かなり強いですね!

「Legend UNIVERSE 2019」見事に優勝!

7月6日から7日にかけて開催されたこの大会は、日本最高峰の振付家を決めるコンテストなんだそうです。

そんな大会で登美丘高校は、最優秀作品賞”レジェンド”とオーディエンス賞を獲得しました。

披露したダンスは、上の「ワールドオブダンス」のときと同じだったみたいです。

登美丘高校は惜しくも3連覇ならず

今年は8月21日に第7回全国高等学校ダンス部選手権の決勝大会が開催されました。

登美丘高校は2017年はバブリーダンスで優勝、2018年は色男ダンスで2連覇を達成していました。

今年は大会初の3連覇がかかる大会でしたが、残念ながら優勝は逃してしまいました。

結果は第5位だったそうです。

優勝は大阪・同志社香里高校でした。

コチラが今年の登美丘高校の「マドンナダンス」です。

さすがの一体感と迫力ですね!

このダンスでも3位入賞を果たせないということで、大会のレベルの高さがうかがえます。

ぜひとも会場ですべてのチームのダンスを見てみたいものですね!

まとめ

今回は伊原六花さんが帰れマンデーに出演ということで、伊原さんの母校である登美丘高校のダンス部の今年の成績を調べてみました。

登美丘高校は今年も結果を出していましたね。

さすがの強さですし、何より見ていて楽しくなりますね!

井原六花さんが在籍していたころのバブリーダンスもものすごいキレがありましたが、そのキレは今も健在ですね。

これからも見た人が感動するダンスを見せてくれるのではないでしょうか?

登美丘高校の今後に期待です!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする